Japanese‎ > ‎

冨山・谷口研究室への配属を検討している学生へ

研究テーマ

  • システムオンチップ(システムLSI)や組込みシステムの設計方法論について、ハードウェアとソフトウェアの両面から研究しています。
  • 詳細は、研究室の研究テーマ研究業績卒業論文のページを見てください。

研究環境

  • 部屋は合計3部屋あります。ローム記念館の1階に2部屋、イーストウィングの4階に1部屋です。
    • 学生はローム記念館の部屋に常駐して研究しています。
    • イーストウィングの部屋はミーティング用に使用しています。
  • 基本的に、1人1台、ノートPCを貸与します(卒業時に返してもらいます)。研究テーマに応じて、その他必要な機材やソフトウェアを貸与します。
  • 冨山・谷口研究室は独自のドメイン(tomiyama-lab.org)を運用しており、Web、メール、ファイル共有等は、Googleのクラウドサービス(Google Apps)を利用しています。

研究室配属後の生活

  • 講義がない時間帯は、研究室で研究してください。ただし、出勤簿等で管理するわけではありません。好きな時間に来て、好きな時間に帰宅して結構です。重要なのは、自分の能力を高めること、そして、成果を出して科学技術の発展に寄与することです。
  • 毎週2回ゼミを行います。1回あたり2時間程度です。ゼミでは、研究発表、論文紹介、進捗報告を行います。
    • 研究発表
      • 前期と後期に各2回程度、自分自身の研究について、 スライド(PowerPointなど)を使って発表して貰います。1回あたり20分程度です。
    • 論文紹介
      • 自分の研究に関連する論文を紹介して貰います。学生一人あたり1回です。1回の時間は20分程度です。
    • 進捗報告
      • 1週間の進捗を、A4用紙1枚程度に整理して、報告して貰います。毎週1回、全員に報告して貰います。
    • ゼミの時間は、みなさんの講義などの予定を聞いて決定します。
  • 毎週2回の定例ゼミに加えて、必要に応じて個人的にミーティングを行います。

冨山・谷口研究室の特色

  • 色々とありますが、敢えてひとつ挙げるなら、国際性です。
  • 学生の海外への留学やインターンシップを支援しています。過去の実績は以下の通りです。
    • 2015年度
      • University of New South Wales(オーストラリア)に短期留学
    • 2013年度
      • Fujitsu Laboratories of America(アメリカ) にインターンシップ
    • 2012年度
      • University of Toronto(カナダ)に短期留学
      • National Sun Yat-Sen University(台湾)に短期留学
      • National Chao Tung University(台湾)に短期留学
  • 国際会議での発表を重視しています。国際会議における英語での発表は、大きな自信になります。大学院に進学した学生の多くは、国際会議で発表しています。学部4回生の時に国際会議で発表した学生も少なくありません。
  • 冨山も谷口先生も、海外の学会の役職を数多く務めています。システムオンチップや組込みシステムの上流設計の分野において、海外での知名度が最も高い日本人研究者だと自負しています。

卒業後の進路

  • 技術職に就きたいのであれば、大学院修士課程への進学が常識だと考えてください。
  • 研究職(企業の研究所や大学等)に就きたいのであれば、博士後期課程に進学し、博士号を取得すべきです。
  • 先輩の主な進路は以下の通りです。
    • 大学院
      • 立命館大学、名古屋大学、奈良先端科学技術大学院大学、電気通信大学
    • 電機
      • ソニー、ブラザー工業、パナソニックアドバンストテクノロジー、日本電産
    • 輸送機
      • 日産自動車、豊田自動織機、ヤマハ発動機、トヨタケーラム、TBカワシマ
    • IT
      • 楽天、NTTデータ東北、NECネッツエスアイ、ヴィッツ、コムシステクノ
    • 金属
      • 日東精工
    • ゲーム
      • フロム・ソフトウェア、メイクソフトウェア
    • 公務員

研究室見学、配属に関する相談

  • 冨山は2016年9月から2017年1月末までアメリカに滞在しています。研究室見学などの相談は谷口先生に行ってください。
  • 冨山に相談があればメールを送ってください。